チェロのNanaの家族がすごい!プロフィールや経歴、実力も調査!

この記事の所要時間: 43

スポンサードリンク



こんにちは、etsuです。

台湾出身のチェロ奏者・Nanaさんの日本でのデビューが決まったそうですね。

台湾では「天才超絶美少女」「国民の妹」と呼ばれるまさに天才で、さらに家族は有名人揃いなんだとか。

ということでNanaさんのプロフィールや経歴、チェロの実力、家族について調べてみました!


Nanaのプロフィール

f-et-tp0-160124-0062_thum630
本名:欧陽娜娜(オーヤン・ナナ)
誕生日:2000年6月15日
血液型:AB型
身長:167センチ
出身地 :台北市

 

Nanaさんは、台湾の台北市出身のチェリスト(チェロ奏者)です。

音楽の名門・カーティス音楽院在学(現在は休学中)で、チェリストとしての評価はもちろんですが、中国ではその美貌から映画やテレビでも大活躍しているそうです。

「国民の妹」と呼ばれ親しまれているようですね。

 

叔母は1970、80年代に日本でも大人気だった歌手・欧陽菲菲オーヤン・フィフィ)さん。

第13回日本レコード大賞で新人賞を受賞し、『ラヴ・イズ・オーバー』はつるの剛士さんや青山テルマさんらにカバーされたりしたこともあり、現在でも人気があります。


経歴と実力



Nanaさんの演奏、見た目の可憐さもあってつい見入ってしまいます。

 

彼女の経歴についてですが、5歳でピアノを、6歳の時にチェロを始めたそうです。

そして5年後の11歳の時にはソロコンサートを開催。

 

12歳で台湾のチェロコンテストに出場し、1位を獲得。

13歳でアメリカにある音楽の名門・カーティス音楽院最年少で入学し、奨学生のエリート待遇で英才教育を受けているそうです。

 

また14歳の時には中国映画「北京愛情故事」に出演し、女優デビュー。

tumblr_nc9jqhUM2T1trwfxdo1_500 http://tw.weibo.com/1919569315/3666777051866364

この映画は4億元(約66億円)の大ヒットだったそうです。

現在はバラエティー番組にも出演しています。

 

そして2015年12月に中国、台湾、香港で発売されたNanaさんのデビューアルバム『Nana 15』は、クラシックチャート1位、中国の総合チャートでも12位を記録しました。

今後もドラマや映画の出演がすでに決定しているそうです。

 

ここまでずらーっと書いてきましたが、若干15歳にしてすごい経歴ですね。

5歳からピアノを始めたということで、音楽を始めた時期はそれほど早くないように思うのですが、才能のある人は伸びもすごいです。

 

チェロって渋いちょい悪なおじさんが弾いているイメージがあったのですが、自分の中のイメージが完璧に覆されてしまいました(笑)

スポンサードリンク



家族について

 

Nanaさんの家族についてですが、大物揃いのまさに”華麗なる一族”でした!

まず、冒頭にも名前を挙げた、歌手の欧陽菲菲さんは、Nanaさんの叔母にあたる方です。

137600499887413103550_201108110352546c1
レコード大賞の新人賞を受賞し、紅白歌合戦にも3度出場経験のある大物です。

1971年のデビュー曲『雨の御堂筋』は、約136万枚の売り上げを記録しました。

 

お父さんはNanaさんの出身地でもある台北市の市議会議員

お母さん女優で、お姉さんタレントバイオリニストとして活躍中。

台湾では美人3姉妹として大人気なんだそうです。

ouyang_nana1 http://blog.goo.ne.jp/eh2gt72w/c/642a784caff8d6320579c6aa14531ea8/4

 

下世話な話になりますが、家族に大物が多いだけあって、家はかなりのお金持ちみたいです。

金遣いも結構荒いという噂もありますが、これだけなんでもそろっている一族ならお金も有り余ってるんでしょう…。

うらやましいですね。

 

 

日本でのデビューは2016年4月、

日本は伯母たちが住んでいたり、伯母が日本の方と結婚しているということもあって、私にとって日本はとても親しみのある大好きな国です。
そんな日本で今回デビューが決まってとても嬉しいです!
日本でもたくさんの人に私の演奏を聴いてもらえるといいなと思っています。
http://www.hmv.co.jp/newsdetail/article/1601251007/

ということです。

楽しみですね!

スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

サイト内検索