体操の寺本明日香のプロフィールは?身長体重や大学、得意技などを調査!

この記事の所要時間: 433

スポンサードリンク



こんにちは、etsuです。

体操のNHK杯が終わり
リオオリンピックの候補選手が決まりました!

今回1位になった寺本明日香選手、
若干20歳で背も小柄ながら
ダイナミックな演技を披露していましたね。

寺本選手のプロフィールや
現在も在学中だという大学などの学歴、
経歴、得意技などを調べてみました!


寺本明日香のプロフィール

teramotoasuka
誕生日:1995年11月19日
身長:142センチ
体重:37キロ
出身地:愛知県小牧市

 

現在女子体操選手として
リオ五輪での活躍が期待されている
寺本選手ですが、
体操を始めたきっかけは小学1年生の時に
鉄棒でいろいろな技をやりたいと
体操クラブに所属したことだったそう。

 

始めた当時から才能はあったのでしょうか。

それから1年後、小学2年生の時に
選手コースのテストを受けて合格し
選手コース生となっています。

sty1605040013-f1
 

体操は小柄な選手が多い競技でもありますが、
寺本選手は特に小柄で身長は142センチ

10歳の女の子の平均身長
ちょうどこれくらいです。

体操では低身長の方が重心が安定しやすく
有利になるんだそうです

 

また体重は37キロだそうです。

142センチという身長に対しては
平均と比べると重めですが、
筋肉を見ればそれも納得です。

ihligl
ムキムキなんで
体脂肪率はすごく低そうですね。

 

中京大学在学

 

寺本選手は名古屋市経済大学市邨高校を卒業し、
現在は中京大学スポーツ科学部3年生です。

中京大学はトレーニング施設
怪我をしたときに治療を
受けることができる保健センターなど、
スポーツ選手にとって
とても充実した環境が整っているようです。

 

また寺本選手が中京大学を
選んだ決め手としては、
それまで指導を受けていたコーチに
引き続き指導してもらったり、
一緒に頑張ってきた選手と
切磋琢磨していけるということが
あったようです。

スポンサードリンク



これまでの戦歴

o0447072012113877248

2010年 アジアジュニア国際大会(幕張)団体優勝、段違い平行棒2位、平均台2位
イタリアベネチア国際大会ジュニアの部団体3位、個人8位 NHK杯9位
2012年 ロンドンオリンピック個人総合11位
2013年 ワールドカップ・東京大会個人総合1位、NHK杯個人総合1位

http://sps.chukyo-u.ac.jp/athlete/teramotoasuka/

 

寺本選手は2007年に
全日本ジュニアAクラス大会で個人総合優勝し、
それ以降も世界を舞台に戦ってきました。

そして16歳になり
シニア国際年齢に達する年齢になってからは、
シニアの部でもカナダモントリオール国際
東京世界選手権に出場。

 

2012年、高校2年生の時には
ロンドンオリンピックへの
出場を果たしています。

団体総合ではただ1人全4種目に出場した。
しかも、14点台を3種目でたたき出し、北京に続く8位入賞に貢献した。
さらに個人総合でも11位に入るなど、並居るベテランを唸らせるほどの大活躍を見せた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BA%E6%9C%AC%E6%98%8E%E6%97%A5%E9%A6%99

44553186
その後は2013年にワールドカップ東京大会
日本女子選手として初めて個人総合優勝。

同年にNHK杯個人総合で優勝。

 

2014年には世界選手権代表として
団体8位入賞、個人では平均台で4位入賞。

2015年には
全日本選手権大会個人総合で優勝し、
イギリスで行われた世界選手権では
日本のキャプテンとしてチームをまとめました。

 

得意種目は?

 

寺本選手はどの種目も
そつなくこなすオールラウンダーですが、
その中でも得意な種目は
段違い平行棒だそうです。

CIMG26491
イエーガーやギンガ―宙返りなど
高難易度の技も演技に取り入れています。

さすが鉄棒をしたくて
体操を始めただけありますね。

 

また平均台も得意で
今回のNHK杯ではフィニッシュで
後方伸身3回ひねりを決めています。

私もテレビで見ていたのですが、
もはやスローでないと
何をやっているのかさっぱりでした(笑)

fghwie
リオ五輪に向けて、

「4年前と違って一番年上になるかもしれないし、まとめていきたい。頑張ればメダルを狙える位置にいると思う」

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/05/05/kiji/K20160505012526640.html

ということで、
ぜひ日本にメダルを
持って帰ってきてほしいですね!

応援しています!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

サイト内検索