時をかける少女の歴代ヒロインは誰?映画・アニメ・ドラマなどを振り返り!Part2

この記事の所要時間: 532

スポンサードリンク




< 12 >

2002年 なっちの『時をかける少女』

 

2002年の『時をかける少女』はTBSの単発オムニバス「モーニング娘。新春!LOVEストーリー」内の一篇として放送されました。

なんだか一気に軽い感じになった気もしますが(笑)、主演は安倍なつみさんです。

ちなみに和子の妹は加護亜依さんが、同級生は飯田圭織さんがそれぞれ演じました。

 

主演:安倍なつみ

img_0
 

同時に『伊豆の踊子』と『はいからさんが通る』もモーニング娘。をキャストに実写化しています。

 

オムニバスということで時間もあまりとれなかったのか、45分と短い時間でまとめられているようです。

また原作は季節が3月なのに対して、この作品はクリスマスという正反対の次期なのも大きな特徴です。

 
 

 

 

2004年 漫画『時をかける少女』

 

2004年には「月刊少年エース」の増刊で、漫画版『時をかける少女』がツグノガクさんによって連載され、その後コミックスが出版されました。

E3839EE383B3E382AC
物語はほとんど原作に忠実に作られているそうですが、時代設定が21世紀初頭になっているということです。

 

 

2006年 アニメ映画『時をかける少女』

 

2006年、初のアニメ映画化が実現しました。

個人的には『時をかける少女』と言えばコレ、な作品です。



 

声優はのちの実写化で主役を演じた仲里依紗さんが担当しました。

r087815034L
 

アニメ映画版の主人公はこれまでの作品の主人公・和子の姪である紺野真琴。

和子はちょっと謎めいた30代の独身女性として登場し、未来から来た一夫ポジションには間宮千昭がいます。

 

これまでの『時をかける少女』作品に共通したキーワードだった「ラベンダー」や「理科室」も出てきません。

踏切事故でタイムリープの能力を手に入れた真琴はこれまでの主人公とは違い、タイムリープの能力を好きなものを何度も食べたり、日常の恋愛の悩みを解決するためにどんどん使っていきます。

 

劇場公開が終わってからも何度もテレビで放送されていて、最近では2015年の7月にも「金曜ロードSHOW」で放送されました。

 


時をかける少女 [ 仲里依紗 ]
価格:4331円(税込、送料無料)


 

スポンサードリンク



2006年 漫画『時をかける少女ーTOKIKAKEー』

 

アニメ映画と同年、公開に先駆けて「月刊少年エース」で連載されたのが『時をかける少女ーTOKIKAKE-』。

作者は琴音らんまるさんで、第21回角川エース新人漫画賞奨励賞を受賞しています。

200605000104
内容はアニメ映画と同様で主人公は紺野真琴、踏切事故をきっかけに手に入れたタイムリープ能力で時間を行き来します。

 


時をかける少女 [ 琴音らんまる ]
価格:583円(税込、送料無料)


 

 

2009年 漫画『時をかける少女 after』

 

こちらは2010年の映画に先駆けて連載された漫画版。

作者は橋口みのるさんです。

200911000505
ストーリーは2010年の実写映画化と同じで、和子の娘がタイムリープします。

 
 

 

2010年 実写映画『時をかける少女』

 

一番最近の映画なので、記憶に新しいひとも多いと思います。

仲里依紗さん主演の『時をかける少女』です。



 

主演:仲里依紗

main
和子の娘・芳山あかりが主人公です。

 

交通事故で入院している母・和子に頼まれて、一夫に会うために1972年にタイムリープ…

するはずが間違えて1974年に来てしまい、場所も予定していた中学校の理科室ではなく大学の実験室。

そしてSFファンの涼太に一夫探しを手伝ってもらいます。

 

これまでの作品では最後に一夫が自分の記憶は持ったままのものと、自分の記憶もなくしてしまうもの両方あったのですが、この作品は記憶ありバージョンの続きになります。

 


時をかける少女【Blu-ray】 [ 仲里依紗 ]
価格:4062円(税込、送料無料)


 

 

2016年 ドラマ『時をかける少女』

 

20106年7月9日から、日本テレビで『時をかける少女』が連続ドラマとして放送されることが決定しました!

主演は黒島結菜さんです。

f7a4ff6429f401c0ae65d5dbd6f2e2eb-200x300
関連:時をかける少女の未羽役は黒島結菜!大学は立教って本当?今後の出演予定も!

 

今回のドラマも「ラベンダー」や「理科室」というキーワードから、原作と同じく和子の物語であると予想されます。

 

しかし時代の流れなのか、主要人物の名前が今風に変わっているようです。

(芳山和子→芳山未羽、深町一夫→深町翔平)

なぜか芳山未羽の幼馴染の浅倉吾朗はそのままです(笑)

 

そしてドラマのオリジナルキャラ・ゾーイも登場するそうです。

彼女は深町翔平と一緒に未来から来た女性研究員なんだとか。

これまでの作品ともだいぶ毛色の違った作品になりそうですね。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

サイト内検索