奥原希望選手のプロフィールや戦歴は?家族もバドミントン選手?

この記事の所要時間: 339

スポンサードリンク



こんにちは、etsuです。

リオ五輪まであと一ヶ月ほどとなりましたね。

バドミントンでは21歳の奥原希望選手が
日本初の金メダル候補として期待されています。

彼女は156センチと小柄ですが、
世界ランクは最高3位、
日本ランクは最高1位という成績を
残してきています。

今回は奥原選手の
プロフィールとこれまでの戦績、
バドミントンをやっているという
奥原選手の家族についても調べてみました!


奥原希望選手のプロフィール

ƒoƒhƒ~ƒ“ƒgƒ“@‰œŒ´Šó–]
誕生日:1995年3月13日
身長:156.3センチ
利き腕:右
出身地:長野県
種目:女子シングルス
所属チーム:日本ユニシス

 

まず、名前の読みは
おくはら のぞみ」選手です。

最近のひとの名前は
まず読み方から迷ってしまいます(笑)

 

奥原選手は小学2年生のとき、
バドミントン部の顧問をしている
お父さんの練習にいったことをきっかけに
バドミントンを始めました。

中学は地元の仁科台中学校を卒業し、
高校はバドミントンの強豪である
埼玉県立大宮東高等学校に進学。

卒業後の2103年4月には
日本ユニシスに入社します。

 

spo15120618030006-p3
 

170センチ前後の選手が多い
バドミントンの世界で
156.3センチという身長でありながら、
スピードを生かしたプレーで世界3位
国内では1位が自己最高の成績になります。

スポーツ選手には多いですが、
奥原選手も大変な負けず嫌いなんだそうです。

 

ちなみに好きなミュージシャンは
ナオト・インティライミ西野カナ
好きな食べ物は牛タンとスイーツだそうですよ。

 

経歴・戦歴

siughre
<小学時代>

全国小学生選手権 女子シングルス ベスト8進出

 

<中学時代>

全日本ジュニア選手権 優勝

 

<高校時代>

全日本ジュニア選手権 2連覇、インターハイ優勝

世界ジュニアバドミントン選手権 銅メダル

全日本総合選手権 優勝史上最年少バドミントン全日本女王

アジアユースU19選手権 団体戦 優勝日本初

 

<実業団>

スーパーシリーズファイナルズ 優勝日本人初

全英オープン 女子シングルス 優勝世界ランク3位に

 

 

上記以外にもたくさんの大会で
成績をのこしていましたが、
わかりやすくするために
「日本人初」や「史上初」を
中心にまとめてみました。

 

AS20150912003160_comm
奥原選手は高校3年(2013年)のとき、
両膝の半月板を損傷し、
手術を受けたりと1年半ほど休養しています。

たくさん悩みもしたようですが、
その後の成績も怪我の前と変わらず
絶好調なところもすごいです。

 

ちなみに奥原選手の最高記録である
世界ランク3位を記録したのは
2016年3月の全英オープンの大会後です。

つい最近ということもあって
ますますメダルへの期待が高まります。

スポンサードリンク



家族もすごい

img_okutani
奥原選手がバドミントンを始めたきっかけは
お父さんが顧問で
練習について行ったことでしたが、
奥原選手自身も中学校までは
お父さん指導の下で練習していたんだとか。

 

また3兄弟で3人ともバドミントンをやっていて、
お兄さんは高校時代に
インターハイ男子シングルスでベスト8
入る強さだったそうです。

現在は医学部に通いながら
バドミントンも続けているそうで、
かなりレベルの高い文武両道ですね。

 

ちなみに奥原選手も学生時代は
数学の成績が学年トップだったそう。

負けたくなくて練習の合間に
すごく勉強したそうです。

兄弟そろってすごすぎますね。。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

サイト内検索