【保護者必見】ポケモンGOとは?安全性は大丈夫?海外で起こった事件について

この記事の所要時間: 439

スポンサードリンク



ポケモンGO」というゲームが海外で話題になり、ネットなどを通して日本でも配信前から注目を集めています。

これまでのゲームと違い実世界でポケモンを探し、ゲームをやっている他の人ともコミュニケーションを取れるということで人気の本ゲームですが、危険性はないのでしょうか?

今回はゲームの内容やポケモンGOをめぐって実際に起こった事件、プレイする際に気を付けたいことなどについてまとめてみました!


ポケモンGOとは


『Pokémon GO』は、位置情報を活用することにより、現実世界そのものを舞台として、ポケモンを捕まえたり、交換したり、バトルしたりするといった体験をすることのできるゲームです。
このゲームはモニターの中だけで完結せず、プレイヤーは実際に家の外に出てポケモンを探したり、他のプレイヤーと出会ったりしながら楽しむことができます。

元々『ポケットモンスター』シリーズは、ポケモンの交換やバトルといった要素によってプレイヤー同士が繋がる、ゲーム内で閉じないことを大事にしてきたゲームです。
『Pokémon GO』は、そんなポケモンの世界を更に拡げ、これまで以上にリアルとバーチャルを行き来しながら楽しむことのできるゲームになります。

公式サイトーhttp://www.pokemon.co.jp/ex/PokemonGO/#

ポケモンGO」とは、任天堂Niantic社(INGRESSという位置情報を使ったゲームを開発した会社)が共同開発したスマホ用ゲームです。

位置情報を利用することにより、現実世界でポケモンを捕まえたり、バトルをしたりできるということで、これまでのゲームボーイやDSなどの通信対戦などとは一線を画したスケールでプレイすることができるようになっています。

世界では現時点(2016年7月14日)でTwitterに並ぶほどのユーザー数を持っており、これから知名度や配信地域が増えるにしたがってさらにプレイ人口は増えることが予想されます。

しかし一方で、その場所にしかいないポケモンをゲットしようと進入禁止のエリアに入る、歩きスマホが増加する、赤の他人との交流による危険性などの問題も提起されています。

スポンサードリンク



ゲームの内容

imagesCAZ8EZZR
まずはゲームの内容についてです。

 

ユーザーは自分のアバターを設定し、ポケモンGOを起動した状態で現実世界を移動します。

するとポケモンの近くを通った時にスマホが振動し知らせてくれるので、画面の中でモンスターボールなどを駆使してポケモンを捕まえていきます。

ゲームの中にも昼夜があり、時間帯や場所によって出現するポケモンが変化し、中には卵から孵すポケモンもいます。

 

また捕まえたポケモンを育てて他のユーザーとバトルしたり、ポケモンをユーザー同士で交換したり、「ジム」というゲーム内のグループに加入することで敵・味方に分かれてプレーしたりもします。

ポケモン図鑑」に捕まえたポケモンを表示していく機能もあり、これはこれまでのポケモンゲームと同様のやりこみ要素になります。

 

今後は「スポンサード・ロケーション」という飲食店などと提携したサービスも始まる予定ということで、新しいビジネスモデルが誕生すると言われています。

 

海外で起こった事件

top
次は「ポケモンGO」の危険性についてです。

これまでもスマホやSNSの利用によってストーカーや、未成年が他人と実際に会ってしまいトラブルに巻き込まれるという事件はありましたが、今回はプレイする年齢層や地域が増えることによってさらに注意が必要となります。

 

実際にすでにポケモンGOが配信されている海外では問題が起こっているので、ご紹介します。

 

 

①強盗事件

任天堂とグループ会社などが開発したスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」を巡り、今月から配信が始まりヒットしている米国で利用者を狙った強盗事件が起きた。
指定された場所を利用者が実際に訪れるゲームの仕組みが悪用され、10代の男らが銃で脅して所持品を奪った。
米メディアが11日までに報じた。

神戸新聞ーhttp://www.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/compact/201607/0009277528.shtml

 

これはゲーム内の機能「ビーコン(簡単に言うと〇〇さんが近くにいますよーと知らせてくれるシステム)」を利用した強盗で、たまたま近くを通った利用者が面識のない男性複数人と合流し、強盗の被害者となってしまった事件です。

ビーコンを利用した強盗はこの一件だけでなく他にも起きています。

 

155798
日本ではさすがに銃で脅されて…なんてことはあり得ませんが、位置情報を使ったストーカーや個人情報の漏洩には注意が必要です。

住所や本名などを公開しないことはもちろん、他のアカウントと同じものを使用しない知らない人とは安易に合わない生活のリズムを把握されるような行動は避けるなどといった配慮が必要になりそうです。

 

 

次ページ、博物館などでのプレイや運転中の注意喚起動画、プレイ中に気を付けたいことについて

次へ

スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

サイト内検索