ポケモンGOの改善の可能性は?田舎からの低評価!海外でも同じ現象が?

この記事の所要時間: 511

スポンサードリンク



ポケモンGOの配信から3日、都会と田舎でのポケストップやポケモンの出現頻度などがあまりにも違いすぎるということで、アプリに対する評価は完全に二分してきました。

実はこの現象、日本だけでなく海外でも同じだったようです。

今回はこの現象に対する世間の反応や改善の可能性などについてまとめてみました!


アプリの評価が二分

 

7月25日現在のAppストアの「ポケモンGO」の評価はこんな感じ。

IMG_0292
☆5と☆1に見事に二分してました。

 

やっぱりなーとか思いながらレビューを上からスクロールしていくと、

IMG_0293 IMG_0296 IMG_0297
 

ほとんどというか、もう最近のレビューはすべて田舎からの叫びで笑ってしまいました。

実際私も今は鳥取県にいて、周りは住宅街でそれほど田舎という感じでもないですが、ポケストップなんてほとんどありません(笑)

期待してたぶん落胆も大きいんですよね。

 

Twitterの反応はこんな感じ。




 

今朝情報番組で広い公園に集まってポケモンGOをやってる映像があったんですが、あんなの田舎ではありえません。

 

実際に昨夜出かけたついでにポケストップ(地元民にもよくわからない、字が彫ってある石があるだけの場所)に寄ったんですが、電灯の数も人通りも少ないため雰囲気も怖くて、子供や女性がプレイできる環境ではなかったです。

まあ私のいる地域の場合は4Gの電波自体入りが悪くてそれ以前の問題なんですけど(笑)

 

都会と田舎で比較


 

パッと見でわかる地域格差が半端ない…。




 

ちなみに海外でも地域格差があって、田舎ではなかなかレベルも上がらないそうです。



 

盛り上がっているのはどの国も都会だけなんですね。

スポンサードリンク



改善されることはある?

 

これだけ田舎からの不満が出ているわけですが、今後この格差が改善されることはあるのでしょうか。

 

いろいろ調べてみたのですが、改善は当分見込めなさそうです

※追記:ポケストップについて、現在は「危険な場所・私有地」などの理由で解除のみができるようになっていますが、今後登録の申請もできるようになるだろうということでした。

 

 

まずポケモンGOは任天堂とNiantec,Inc.(ナイアンティック)という会社の共同開発ということになっていますが、実際に開発・運営しているのはナイアンティックの方。

ナイアンティックはアメリカの企業なので、日本側での対策は難しいのではということでした。

 

またナイアンティックが開発した、ポケモンGOの前身とも言えるオンラインゲーム「Ingress」でも地域格差はあるようです

このゲームは2013年に運用が開始されたそうなんですが、こちらでも改善はされていないそうです。

 

 

なので、今後地域格差が改善されるとすればまずは海外から

その他にもバグの改善や、まだ配信していない国での配信準備なんかもありますし、日本では現状維持が続きそうです。

スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

サイト内検索