恒松祐里がヤンキーに!?かわいい子役時代とオタクからギャルまで演じる演技力がすごい!

この記事の所要時間: 451

スポンサードリンク



こんにちは、etsuです!

2017年3月25日公開の映画『サクラダリセット』に出演の女優・恒松祐里さんの金髪ギャル姿が衝撃的と話題になっています。

恒松さんといえばこれまでもオタクから優等生、ギャルまで、さまざまな女子高生を演じてきましたが、今回の映画はかなり気合の入ったヤンキーのよう。

ということで恒松さんの子役時代からの経歴やこれまで演じた役、絶賛の演技などについて調べてみました!


恒松祐里のプロフィール

  • 誕生日:1998年10月9日
    出身地:東京都
    身長:158センチ
    血液型:B型
    事務所:アミューズ
 

7歳の頃から芸能事務所のオーディションを受け始め、子役から転身した女優です。

現在芸歴は10年以上、受けたオーディションは240以上というベテランさんです。

 

子役デビューは照れ屋を治すため?

 

恒松さんの芸能界デビューは両親がオーディションを受けさせたことがきっかけで、当時の照れ屋な性格を直すためだったそう。

恒松さん自身は当時のことはあまり覚えていないらしく、いつの間にか今の事務所に入っていたんだとか。


 

そんな恒松さんの芸歴ですが、調べた中で一番古いものは、2005年のドラマ『瑠璃の島』。

2006年に『モスバーガー』、2007年に『ECCジュニア』のCMに出演。

2009年には映画『キラー・ヴァージンロード』に出演していました。

 

このころは特に目立つ役を演じることも少なかったようで、私も今回『瑠璃の島』をざっと見直してみたんですが、どこで出演しているのかちょっとわかりませんでした…。

小学校が映っている場面があったので、その辺だったのかなー。

 


2013年に『FNS27時間テレビ』で、明石家さんまさんが好きな女性を選ぶ企画で当時14歳だった恒松さんを6位に挙げたことで話題になります

 

このころにはNHKの子供向け番組『ビットワールド』でQちゃんを演じたり、


FUNKY MONKEY BABYSの『ありがとう』のPVに出たりもしていました。



ちょっと長いですがドラマ風のPVになっていて、恒松さんは高校時代の女の子を演じています。

まだあか抜けてない感じもかわいらしいですよ。

 

ちなみに現在は当時の恥ずかしがり屋な性格は見事に克服されたそうで、しつこさは他の女優には負けないんだとか

頭の回転も速く、話題も豊富ということで、かなりポテンシャルは高そうです。

スポンサードリンク



これまでの出演作について

 

上のような経緯を経て、恒松さんの芸能活動は2015年からさらに波に乗っていきます。

 

<ドラマ>

・「連続テレビ小説 まれ」ー桶作友美
・「ドS刑事」ー河東めぐみ
・「5→9~私に恋したお坊さん~」ー桜庭寧々

・「フラジャイル」ー出羽カナ
・「ほんとにあった怖い話」ー高松瞳
・「真田丸」ーすえ役


・「くちびるに歌を」ー仲村ナズナ

・「チキンズダイナマイト
・「俺物語!!」ー千春


 

そのほかにも『痛快TVスカッとジャパン』には何度も出演していて、演技が上手いと話題になっていました。


 

『サクラダリセット』で金髪ヤンキーに

 

2017年3月25日公開の映画『サクラダリセット』では、恒松さんがなんと金髪ヤンキーを演じています!


 

このお話の原作は小説で、世界観は少し特殊ですが、最近人気の”過去に戻る系”の物語。

特殊な能力を持つ人々が半数を占める街〝咲良田〟。
住人たちの力は〝管理局〟によって慎重に、監視・制御されている。
浅井ケイは、「記憶保持」の能力を持つ高校生。春埼美空は、世界を最大3日分巻き戻す=「リセット」の能力を持つが、それはケイと共に行動することで初めて効果を発揮することができる。
しかし、2人には、取り戻せない〝過去〟があった。

ある日、ケイと春埼の前に、「モノを消す」能力を持つ村瀬陽香と「記憶を操作する」岡 絵里が現れる。一方、高校のボランティア活動=〝奉仕クラブ〟の一環で、「写真に入る」能力を持ちながら、それを奪われてしまった老人、佐々野からの依頼によって、2人は、「未来を知る」力のある〝魔女〟と呼ばれる老婆と出逢う。何の関連もないと思われたそれらの出来事から、相麻をよみがえらせる可能性に気付いたケイは、「声を届ける」能力を持つ親友・中野智樹らと共に禁断のアプローチを開始する。

http://sagrada-movie.jp/about/story.html

 

その中で恒松さんが演じる岡絵里は「記憶操作」の能力を持つんだとか。


 

恒松さんのコメントもあったので拝借してきました↓



 

見た目はかなりいかついですが、声がかわいいのでしゃべるとイメージがだいぶ変わりますね。

 

まとめ

 

はい、ということで今回は

まだ若干18歳ということですが、すでにいろいろな役に挑戦していて、普段の雰囲気もかなり大人っぽいですよね。

これから成長するにしたがって演じる役にも幅が出てくるでしょう。

これからの活躍が楽しみです!

スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

サイト内検索