前田亜季の子供時代は天使?!デビューのきっかけや前田愛との関係も!

この記事の所要時間: 320

スポンサードリンク



battle2-06
こんにちは、etsuです!

『ごちそうさん』で再ブレイクを果たした元子役女優・前田亜季さんが、1月から放送の土曜ドラマ『荒地の恋』に出演します。

今回の役どころは「寂しがりやで酒におぼれている」というがっつり大人(笑)なキャラですが、子供時代は天使だったということで、プロフィールや子供時代の様子、お姉さんの前田愛さんとの関係などを調べてみました!


前田亜季のプロフィール

Maeda_Aki06
誕生日:1985年7月11日
血液型:A型
身長:157センチ
出身地:東京都
所属:アルファエージェンシー

 

1992年、幼稚園の頃に、ハンバーガーショップで食事をしていたところをお姉さんの前田愛さんと一緒にスカウトされて、CMで芸能界デビューしました。

お母さんの仕事についていった帰りだったそうです。

 

1994年には『あっぱれさんま大先生』に、前田愛さんの家族としてテレビに初出演。

NHKの教育番組『天才てれびくん』にもレギュラー出演し、一躍有名になりました。

aki_ma3
1998年には前田愛さんとデュエットで『Don’t Cry』を発売し歌手デビュー。

この曲はテレビアニメ『銀河漂流バイファム13』のエンディングテーマに起用されています。

2000年には映画『バトルロワイヤル』に出演して新人俳優賞を受賞しました。

 

しかし学業を優先し仕事をしていたこともあってか、いつの間にか存在感が薄くなっていきます。

その後、2014年のNHKの連続テレビ小説『ごちそうさん』で、主人公の親友・桜子を演じて再ブレイク。

バラエティなどにも出演し、再度注目を集めるようになりました。

 

天使な子供時代

img_0
現在は大人になり落ち着いた印象を受ける前田さんですが、子供のころは天使のようだと可愛らしさにとても注目が集まっていました。

マクドナルド花王ヤマハなど大手だけでなく郵政省のCMなどにも出演し、『天才てれびくん』や『学校の怪談』などで大ブレイクしています。

8e63d7f5c26a4273e994d07e5d1f491d
また興行収入30億円以上と言われた映画『バトルロワイヤル』では、主役を演じるはずだった岩村愛さんが怪我で交代になり主演を務めるなど運も実力も兼ね備えていることがわかります。

また2005年出演の映画『リンダリンダリンダ』ではドラムを演奏していますが、もともと経験はなく撮影1か月前から練習を開始したということで驚きました。

ただかわいいだけでなく、いろいろな要素が積み重なって当時の前田さんになっていたんですね。

スポンサードリンク



前田愛との仲は?

 

2歳年上のお姉さんである前田愛さんとは、昔はかなり仲の悪い時期があったそうです。

1202maedaai
子供時代から兄弟で活動することも多く通う学校も同じということで共通点の多かった2人ですが、中学時代は特に仲が悪くて、会うたびに喧嘩していたそうです。

 

2015年2月に放送された『今夜くらべてみました』では、「同じ中学に通っていて、通学路だから一緒の道なのに『ついてくるな』みたいな」とかなり具体的に話していることからも、本当に仲が悪かったんだなーという感じですね。

私も兄弟と同じくらいの年齢の時にすごく仲の悪かった時があったのですが、やっぱりどこの兄弟でもそういう時期はあるのでしょうか…?

 

中学時代に姉妹で出演したインタビュー映像で、亜季さんについて聞かれた愛さんが「生意気な妹」と答え、亜季さんが「頼れるお姉ちゃん」と話している時には耳をふさいでしまっていたエピソードには笑ってしまいました。

高校生くらいから仲良くなりはじめ、今は一緒にご飯に言ったりと関係はとても良好だそうです。

スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

サイト内検索