小野花梨の演技力がすごい!元子役の実力派女優の性格や将来の夢について!

この記事の所要時間: 33

スポンサードリンク



profile_ono_karin_02
こんにちは、etsuです。

子役出身で現在17歳の小野花梨さんが、2月からのドラマ『武道館』に出演します。

堺雅人さんに「天才子役」と言われた元子役女優の、デビューのきっかけや性格、将来の夢などについてまとめてみました!


小野花梨のプロフィール

profile_ono_karin_01 http://alc-atlantis.com/ono-karin/

誕生日:1998年7月6日
血液型:B型
身長:156センチ
出身地:東京都
趣味:料理、ギター
特技:習字

 

子役出身の女優で、10歳にして俳優の堺雅人さんに「天才子役」「末恐ろしい」と言わしめた実力派です。

2006年から出演者の子供時代を中心に演じ映画やドラマで活躍するようになり、毎年コンスタントに様々な作品に出続けてきました。

 

thGMBSMM2E
 

2015年には映画『ガールズ・ステップ』に出演。

また、広瀬すず主演で話題になった『学校のカイダン』をはじめ、『イタズラなKiss』『AKBホラーナイト アドレナリンの夜』『フジコ』と多数のドラマにで活躍しました。

2016年には、2015年終わりの現在ですでに、土曜ドラマ『武道館』や映画『残穢―住んではいけない部屋―』、舞台『8月の家族たち』の出演が決まっています。

 

芸能界入りのきっかけは「おかあさんといっしょ」

img_3
小野さんのデビュー作は、8歳の時のTBSのドラマ『嫌われ松子の一生』。

そして、児童劇団に入ったのは5歳ごろだったそうです。

 

NHKの『おかあさんといっしょ』を見ていて、お母さんに「あの風船がどうしても欲しい」と言ったことが劇団に入るきっかけだったということです。

子供って風船やカラーボールが大好きですもんね。

 

しかしそこで、風船を買い与えるのではなく劇団に入れてしまうお母さんの行動力には驚きです。

当時からとんでもなくかわいくて、もともと子役デビューを考えていたりしたのでしょうか。

スポンサードリンク



努力家でストイック

037b134b
様々なドラマや映画に出演してキャリアを積んできて、芝居にも定評のある小野さんですが、「過去の作品を見ても、自分の演技で納得できるものは一つもない」と、自己評価はかなり厳しいようです。

 

12歳のころには「演じることはなんて難しいのだろう。果てしないものだ…」と感じ始めていたといいます。

小学生の女の子がそんなことを考えながら仕事をしているなんて、ただただ驚きです。

 

「常に不安と後悔と恐怖がありますね。ただ、『できている』と思わないことも大切だと思っています。自分がこれでいいんだと思ったら終わってしまうから」
http://www.zakzak.co.jp/people/news/20150911/peo1509110830001-n2.htm

ということで、あえて満足していないところもあるようですが、高校生とは思えないストイックさですね。

大物女優になりそうです。

 

167612
今の仕事がとても楽しいらしく、将来もずっと続けていきたいそう。

「視野が広くて、気配りできるような人になりたい。まだ自分にいっぱいいっぱいなので、いつか余裕を持って人に手を差し伸べられるようになりたいです」

ということでした。

これからの活躍に期待です!

スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

サイト内検索